美味しさと安全性の保証された最高峰の水

imasia_2550647_S

アクアクララがiTQi(国際味覚審査機構)で4年連続『優秀味覚賞』を受賞!
水を通じて“生活”“環境”“健康”の創造を目指すアクアクララ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤津裕次郎)が製造・販売する「アクラクララウォーターボトル(12L)」が、このたびiTQi(国際味覚審査機構)の2015年度 iTQi国際優秀味覚コンテストにおいて4年連続「優秀味覚賞 二ツ星」を受賞いたしました。

引用元:アクアクララレモン

アクアクララ株式会社の製造・販売する「アクアクララウォーターボトル(12L)」が、iTQi(国際味覚審査機構)において「優秀味覚賞 2つ星」を4年連続受賞しました。iTQiは、世界中の味覚的に優れた食品や飲料品の審査、表彰、プロモーションを行っている、世界有数の独立機関です。ミシュラン・ガイドやゴー・ミヨーなどに認められた、一流シェフやソムリエが審査員を務めます。そのためiTQiにて賞を受賞するということは大変名誉なことであると言えます。

今回受賞した「優秀味覚賞 2つ星」は、審査員による官能分析の総合評定が80%以上〜90%未満の製品に送られる称号です。3つ星が最も評価が高く、総合評定90%以上と極めて優秀な製品に贈られます。1つ星は総合評定 70%以上〜80%未満で、このレベルになると受賞する製品がぐんと増えています。
「アクアクララウォーターボトル(12L)」が世界的に評価されたのは、iTQiにおいてだけではありません。製品の品質水準を審査するベルギー政府系の民間団体、モンドセレクションにおいても4年連続で「優秀品質最高金賞」を受賞しています。先ほどご紹介したiTQi優秀味覚賞が「美味しさ」を評価するコンテストなら、モンドセレクションは「食の安全」を評価するコンテストです。つまり、 iTQiとモンドセレクションの両方から名誉ある賞を受け取ったアクアクララの製品は、世界から味も品質も高い評価を得た証であると言えます。
ではなぜ、アクアクララの製品はそれほど高い評価を得ているのでしょうか。まずアクアクララのミネラルウォーターには、現代人に必要な4種類のミネラル成分がバランス良く含まれていてヘルシーであるといった特徴があります。硬度は29.7mg/Lの軟水で口当たりが良く飲みやすい仕上がりです。1000万分の1mmの極小浄化孔フィルターを通すことで、水の分子よりも大きな物質をほとんど取り除くことができます。ですから限りなくH2Oに近づけた純水となっており、安全性の高さも大きな魅力となっています。

また、スタイリッシュなサーバーや繰り返して使うことができるリターナブルボトルなど、水以外においてもオリジナルにさまざまな工夫をしています。その成果が出て世間からの評判が高まり、今となっては「ウォーターサーバー市場シェア」で不動のNo.1をキープしています。
今回アクアクララがiTQiやモンドセレクションで4年連続賞を取ったニュースによって、アクアクララ人気はさらに過熱することでしょう。これに刺激を受けて、そういった世界的コンクールへの日本からの出品がますます増えていくと、日本の製品が世界からもっと注目を集められるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加